生理中でも脱毛できる?

脱毛サロン側の判断で生理中の施術は、断られることがあるようです。肌が敏感になりがちなのが生理中であり、肌に関する問題がでてきてしまいます。
生理等で、身体のコンディションが悪くても施術を行える店もございます。
ですが、少し億劫なところもありますが、十分なアフターケアを怠らずにしっかりとしてください。

言うまでもなく、デリケートゾーンの施術はお断りされるでしょう。
脱毛を光方式で行ったあと、できるだけ運動することは避けなくてはいけません。動きすぎることで血行が良くなりすぎてしまい、光脱毛した患部に痛みを訴える方もいるからです。

スポーツなどを行い、汗をかくと、炎症を誘発することもあるので、留意するようにすることが大事です。万が一、汗をかいた時には、早めに拭くことが推奨されています。

全身脱毛で脱毛サロンを使った際、全身の脱毛が済むまでの回数ならびに期間はどれほどになるのでしょうか。人によって体質と毛質に差がありますから、脱毛に必要な月日には個人によって違いが生じます。ただ、常識的な全身脱毛では2~3年の間で合計12~18回ほどの回数が目安になります。ムダ毛処理の際に家庭用脱毛器を使う人が増えているそうです。

最近の脱毛器は脱毛サロンでするのと変わらない性能の高い商品が出ているので光脱毛できるものもあります。
ただ、完璧だといえるほど性能のいい脱毛器は高く痛くて使えなかったり一度しか使わなかったという人も結構な数になります。ノーノーヘア(no!no!HAIR)は、テレビCMでも「抜かない、剃らない、脱毛器」と言うように、熱処理でムダ毛を除去するタイプ(サーミコン方式)の家庭用脱毛器です。カミソリよりも安全に、光脱毛よりも肌に刺激を与えずに処理するということですが、ムダ毛に熱を与えて焼き切るタイプなので、処理時のニオイの発生は避けられません。CMをするくらいですから、誰でも気軽に手にとりやすいスタイリッシュなデザインで、大きさも脱毛器とは思えないほどスッキリ小さめ。
ただ、焼き切るだけなので仕上がりが期待していたほどじゃなかったとか、焦げる臭いばかりで脱毛効果がなかったといったマイナス評価が光脱毛タイプと比べると多いですね。
熱処理という方式の中に限ってみれば、処理後にチクチクしないところが良いという人や、繰り返し処理していくことで、ムダ毛が減ってきれいになったという評価があるのは事実です。
体質を考慮すると、メリットはあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です